コンクリートの研磨・塗装

コンクリート研磨・塗装

スケルトンならではのコンクリート・躯体現しの状態 

コンクリートを研磨して光沢を出したり 塗装してその質感の変化を楽しんでみませんか。

無機質なコンクリートはその施し方で幅広い雰囲気を作れます。


ツクルラボのスケルトンを活かしたスケルトンリノベーション。

住居や店舗、あらゆる現場での施工経験やお客様の声を生かし、

アドバイスとご提案をさせていただきます。

コンクリートを活かした施工事例 研磨・塗装編

店舗内装 床の研磨と天井の水性塗装

※画像クリックで拡大
※画像クリックで拡大

店舗の施工事例です。床はポリッシュコンクリート:コンクリートを研磨して無塗装です。研磨することにより塗装しなくても光沢が出ることと、塗装のように劣化しないためメンテナンスが不要になります。天井は艶消しのホワイトで塗装しました。 

このように使い方やデザインによってコンクリート面も多様に変化させることが可能です。

シェアオフィスで床クリア塗装

※画像クリックで拡大
※画像クリックで拡大

グレーのコンクリートも、このようにクリア塗装を施すと黒っぽく変化します。

まだらになっている模様のようなものは、もともとコンクリートの上に貼ってあったPタイルの糊が残った跡です。

綺麗に研磨するのではなく、その状態をそのまま利用し質感のあるデザインに反映させています。

コンクリート面のいわゆる躯体あらわしの状態を最大限に活かしていきます。

クリア塗装をすることで、表面の劣化や粉じんも防止します。

スケルトンのままオフィス貸出 オールホワイト

※画像クリックで拡大
※画像クリックで拡大

雑居ビルの最上階、本来は日当たりもよい部屋なのですが、スケルトンのままだとなんだか暗いですね。

コンクリート 躯体あらわしの状態の空きテナントをこのように真っ白に仕上げました。

床は床用の強固な塗料、剥がれも汚れも気になりません。

スケルトン状態で廃墟のようなままだとなかなか借り手が見つからない、無駄な造作工事をせずにオールホワイトで仕上げました。

この物件。施工中に入居者が決まりました。


事例詳細

床躯体を研磨 輝くコンクリート
※画像クリックで拡大

物販店舗の床を特殊機械を使用して研磨しました。

ダイヤモンドで研磨する為、驚くほどきめ細かくつるつるになります。

床の状態によっては鏡のような光沢まで出せることが可能になります。

リビング天井をクリア塗装
※画像クリックで拡大

小部屋と天井を撤去し、大きな空間にしたリビング。

ノスタルジックな雰囲気がお好きな施主様の希望で、、アンティーク家具やDIYを併用したお部屋の天井を塗装しました。

クリア塗装をすることでグレーのコンクリートは黒っぽさを増しますが光沢もきれいで窓辺から除く多摩川のせせらぎが映し出されそうです。

オールホワイト
※画像クリックで拡大

上記にも記載の別角度写真です。

真っ白に塗装することで、窓のない壁面までものすごく明るくなりました。


大事なコーナー研磨 壁クリア塗装
※画像クリックで拡大

コンクリートむき出しのままだと、なんだか埃っぽい。

躯体の状態によってはそんなこともあり得るのです、住居の場合は全て塗装を施す必要がある場合もございます。また、この柱型の角を研磨して、面取り加工しております。

コンクリートの柱は鋭角になったままで危険ですので研磨は必須です。

オールホワイト スクール
※画像クリックで拡大

テーマは マルジェラ☆

服飾系スクールの教室を施工しました。

家具まで真っ白に塗装してしましました。

無塗装現場 築浅であれば不要の場合も
※画像クリックで拡大

築浅マンションの物件です。

写真のように躯体に光沢があります。竣工時よりこの状態であればクリア塗装などは不要です。






コンクリート研磨とは

専用のマシーン ポリッシュコンクリート施工
※画像クリックで拡大
大型の研磨機を使用 下地処理→粗削り→コンパウンド研磨→樹脂ダイヤ削り→完了  幾つかの工程で、きめ細かい状態と鏡面仕上げへ
大型商業施設で多く活用
※画像クリックで拡大
ホテルのロビーや倉庫の床まで、大型の施設ではその強度と耐久性が評価され採用セれています。 コンパクトな機械も発売され住居にも施工が可能となりました。高い耐久性能はメンテナンス不要となり長く光沢が保てます。また着色も可能ですので、パターンを付けてデザインを楽しむことも可能です。