店舗デザインと業者の施工価格の話

2023年08月18日
店舗デザイン

見積積算の仕様を整える

店舗をいざ出店する際は、良いデザインやカッコいい店舗にしたいですよね。

また施工費用がどのくらいかかってしまうのか不安ではないでしょうか。

予め業者さんに金額提示するとその範囲でうまく儲けて、損をするのではないかと思っている方は多いのではないでしょうか。

そんな不安になるような施工業者さんとは良好な関係は構築できないですね、

予算の価格でめいいっぱい詰め込んだ良い工事をしてほしいと思ってしまいます。


一般的には数社施工業者から見積もりを取って判断されることが多いのですが、ここにも落とし穴があって、

見積条件を統一しないと、安いから良い、お得感があるとは限らないのです。

また、施主側から要望を幾つか伝えるだけでは、それを安く作ろうと、価格は高いが良質な工事を提案しようと、

工事の事が詳しく知らない施主からすると、正しい判断が出来ないのではないでしょうか。

見積項目を細かくみて、判断することは工事に詳しい方でないと不可能に近い事なのです。

IMG_6786 (1)

優先順位を明確に

デザイン優先なのか、施工価格優先なのか、

どちらも兼ね備えたいのが一番ですが、

希望予算を設定してその中で良い業者さんを選ぶ場合に以下のポイントでの判断基準も確認されると良いでしょう。

見積提出までの期間

実際の工事期間

支払い条件

質疑などの内容

過去の事例

この辺りと照らし合わせて判断されると、自分にマッチする業者さんが絞られるのではないでしょうか。


ここでもっとも重要なのが質疑の内容です。

施主の要望を如何に汲み取るか、

予算内で最高の提案をするために、どこか妥協点が無いか、

工事方法を施主に理解してもらい、コストを抑える工夫を提案できるか、


ここからは設計施工会社としての施主様向けコスト圧縮の大切なポイントです。

工事工程を如何に効率よくするか、効率良い工事をする為の施主との共通認識を持つ

→工事中に仕様変更等が発生すると表面に見えている追加費用をはるかに超えるロスがある

→より良くするために少なからず変更は仕方ないが、この共通認識を互いに共有することが大事

デザインイメージだけでは実際に異なるものが出来きる。その場合の落差を無くす

→質感やイメージに落差を少なくするために、必ず事例や現地、現物の確認を出来るだけ惜しまない。

→職人さんが嫌がるのでは、と思わず現場にはまめに行く

→疑問におもったことは貯めずに気軽に伝える


とは言っても、という部分もあるかもしれません。

結局のところコミュニケーションなのか、と感じる部分もありますが、

任せたことをやってくれればよい、現場は終わった段階で行く、という方もいらっしゃると思います。


今は気軽に連絡が取れるツールが多いので

毎日の日報を写真含めマメにやり取りできるようにすることがマストだと考えております。

ツクルラボでは、デザインの提案や施工の提案お客様の必要な部分に適した、サービスを提供しております。